本文へスキップ

行政書士 大原法務事務所は、被害者の心のケアを専門とする行政書士事務所です。

TEL. 0422-30-5141

〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町1丁目26番4号

告訴権者は、被害者。被害者本人が告訴権を行使できます。法定代理人にも告訴権加害者を警察へ告訴する告訴状の解説

犯罪被害に遭われてお困りかとおもいます。
行為への警告や刑事告訴する告訴状を作成いたします。

刑事告訴状(告発状/被害届)を専門法律家が作成
告訴権者とは、

刑事訴訟法では、告訴をする権利を与えられているものを告訴権者といっています。

告訴権者は、原則として被害者本人ではあります。ですが、何らかの理由によって被害者が告訴権を行使できない時は、法定代理人等の被害者以外の者にも告訴権が与えられています。

被害者

ここにいう被害者とは、犯罪によって直接被害を被ったもので、その犯罪によって間接的に何らかの不利益を被ったに過ぎないものは、被害者でないのです。例えば、妻が名誉を毀損された場合、被害者は妻本人であって、その夫は名誉毀損罪の被害者ではないのです。

そして、被害者の告訴権は、告訴当時にあれば足り、被害者が告訴の後に告訴権者の資格を失っても告訴の能力には何ら影響がないのです。例えば、器物損壊罪の被害者が告訴後に被害品の所有権を失っても、先になされた告訴は、依然として有効です。同じく親族の犯罪の「犯罪の特例が適用される犯罪」については、告訴の後に被害者と犯人との親族関係が消滅したとしても、告訴の効力は有効に続きます。

ちなみに、被害者は、自然人に限られていません。公私の法人はもとより、国又は地方公共団体も被害者に含まれ、さらに、法人格を有しない社団法人・財団法人も被害者として告訴権を有しています。

被害者の法定代理人

法定代理人
ここに言う法定代理人とは、未成年者の親権者すなわち父母及び未成年者後見人・成年後見人になります。被害者の法定代理人は、独立して告訴をすることができるので、告訴の時点で、法定代理人の地位にあるかどうかを、戸籍謄本、家庭裁判所の審判謄本等によって証明する必要があるのです。(未成年の外国人が被害者の場合、その法定代理人が誰であるかは親子間の法律関係によることになっていますので、注意する必要があります。)。

未成年者であっても、法律上の婚姻をした場合には、成年に達したものと看做されることから、母の親権は、その子の婚姻と同時に消滅します。したがって、婚姻している20歳未満の子が被害を受けた場合には、父母は、既に親権を失っている以上、法定代理人として告訴をすることができなくなる。また、未成年者を養子にすると、その養子は縁組の日から養親の嫡出子という地位を取得して養親の親権に服する事になります。その反対に、実親は、その未成年の実子に対する親権を自動的に失い、法定代理人の地位から脱することになっています。そのため、未成年の養子が被害を受けた場合には、両親がこの未成年の養子の法定代理人として告訴権を有することになります。

法定代理人の告訴権
法定代理人は、独立して告訴をすることができます。独立してと言うのは、被害者本人の明示黙示の意思に拘束されないと言うことを意味しています。この法定代理人の告訴権の本質に関しては、2つの説があります。(独立行使代理権説と固有権説)

固有権説は、法定代理人の告訴権というのは年少者や無能力者の保護を図るためであり、特に法によって受権されたもの。だから、法定代理人は被害者本人の意思にかかわらず、実行に固有の告訴権を行使することができるとしています。固有権説に寄れば、法定代理人は、被害者本人に告訴の意思があるかどうかに関係なく、告訴を行使することができるし、また、被害者本人の告訴権が何らかの理由で消滅していても告訴することができるのです。

このような理由から、学説の多数が独立行使代理権説を支持しているなかでも、判例は固有権説を採用しているようです。

死亡被害者の配偶者・親族等の告訴権
被害者が告訴をしないで死亡した場合には、死亡被害者の配偶者と直径親族・兄弟姉妹は、死亡被害者の明示した意思に反しない限りにおいて、告訴をすることができます。

死亡被害者とその配偶者・直系親族・兄弟姉妹との間の身分関係は、被害者の死亡当時に存在していれば良くて、その後の身分の変動は、配偶者たちが行った告訴の効力にはなんら影響を与えないのです。配偶者の場合には、被害者の死亡後に旧姓に戻していても、再婚していても告訴することができます。その際の親族の範囲は、民法によって定まっています。配偶者・直系親族・兄弟姉妹が、被害者が生前に明示した意思に反して、自己の告訴権を行使することができます(この明示した意思の内容と言うのは、告訴をしないと言う事)。被害者が自己の意思を明示する方法や相手方について何ら制限がなく、明示の相手方は誰でもよくて、日記のように相手方がない場合なっても良いとされています。なので、被害者が死亡する前に告訴の意思を有していたかどうかについては、関係者の話や、遺言、日記等について明らかにすることが必要となるようです。明示の意思に反してなされた告訴は無効であるとなっていますが、明示の意思に反していたか証明されない限り有効な告訴とも考えられています。

被害者の法定代理人が被疑者である場合の告訴権
被害者の法定代理人は、独立して告訴権を行使することができますが、被害者の法定代理人が被疑者であるとき、被疑者の配偶者・被疑者の4親等内の血族であるとき・被疑者の3親等内の姻族であるときは、法定代理人が被疑者の利益のために適正に告訴権を行使することは一般的に見て期待しがたいので、このような特殊な事情がある場合には被害者の親族は独立して告訴することができるのです。

死者の名誉が棄損された場合における告訴権者
死者の名誉を棄損については罪については、死者の親族又は子孫は告訴をすることができます。また、名誉毀損罪について被害者が告訴をしないで死亡した時も被害者の親族又は子孫は、被害者の明示した意思に反しない限り告訴をすることができます。刑事訴訟法第230条1項の(名誉を毀損した罪)というのは、刑法第230条2項の死者名誉毀損罪をいい、刑法第231条の侮辱罪は含まれません。なお、侮辱された被害者が死亡した場合には、刑事訴訟法に規定される配偶者・直系の親族又は兄弟姉妹が告訴権者となります。

ここにいう子孫とは、親等数にかかわらず、血族である直系親族の全てです。

告訴権者の指定
親告罪では、告訴が訴訟条件とされているので、告訴権者が存在しない場合には、その罪を訴追することができません。そこで、告訴権者が全く存在しない場合のほか、たとえ告訴権者が存在していても、その全てが告訴能力を欠いている場合などには、検察官が利害関係人の申し立てにより告訴権者を指定することができます。利害関係人からの申し立てを受理し、告訴権者の指定を行う検察官は、法律上はどこの検察庁の検察官でも良いとされてますが、実際には、親告罪の事件を管轄する裁判所に対応する検察庁の検察官が行っているようです。利害関係人は、告訴をすることについて事実上の利害関係を有するものであれば良く、友人・恋人・告訴権のない親族・内縁の夫・雇い主・債権者・破産管財人など、告訴をすることについて利害が認められる限り、すべて利害関係人に含まれます。利害関係人の申し立てに基づき告訴権者を指定するかどうか、誰を指定するかについては、検察官の裁量に委ねられています。


悪質な加害者であれば、早急に告訴状を!

特に親告罪といわれるものは、告訴がなければ公訴することが出来ませんので
警察も動くことができません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
親告罪とは

強制わいせつ罪・強姦罪・名誉毀損罪・侮辱罪
ストーカー規制法違反の罪・窃盗罪・恐喝罪・詐欺罪

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

また、この中で親告罪告訴期間の期限制限除外項目(刑事訴訟法235条)に該当しないものは

加害者を知ったときから、
「6ヶ月以内」
にしか告訴することができません。

躊躇している時間はありません。

告訴状を作成し、犯罪として処罰を求めていきましょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
告訴とは、告訴権者(犯罪の被害者やその法定代理人等)が警察官や労働基準監督官
などの司法警察員(捜査機関)または検察官に対し、犯罪事実を申告し、犯罪者の処罰
を求める意思表示です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

告訴状を業として作成することが出来るのは、弁護士・司法書士・行政書士といった専門家です。
ただし、司法書士は検察庁へ提出するものに限られ、行政書士は、警察へ提出するものに限られます。

実際は、いきなり検察へ提出することは無いと思いますので、警察への提出であれば弁護士・行政書士が
専門で対応します。

告訴状が受理されなかった場合の警視庁への苦情申立書作成や、不起訴となったときの審査請求書作成など文書の対応が必要な場面も多いので、文書作成の専門家である行政書士を活用される意義は大きいと思います。

告訴状作成は、時間に限りもありますので、早目にご相談ください

あなたが安心してまた暮らせる日を取り戻すために、私達がサポートします!


無料相談フォーム(お問い合わせ/ご案内資料請求/仮申し込み)


お問い合わせ、ありがとうございます!!!
今すぐ、ご記入ください!受信順にご回答いたします。
きっとあなたのココロのつかえが解消されるきっかけになることでしょう。

ご依頼の前に、下記の「無料相談フォーム」にてお問い合わせ願います。
(どういうお悩みで苦しんでいらっしゃるか、教えてください。)

内容を確認の上、解決させる法的文書の作成とお手伝い方法の案を折り返しご連絡いたします。
(どのような方法で、時間はどれくらいかかるのか?無料フォームで相談)
解決プランをご提案させていただきますので、あなたにとって一番良い方法をお選びいただけます。

ご依頼前には必ず報酬料金を提示します。ご提案プランでお役に立てれば、他にはないキメ細やかなサポートをお約束致します。
(ご納得頂けた場合のみご依頼下さい。)

正式依頼までは費用が発生することはございませんので、ご安心ください。
(分割お支払いも出来ますが、事前にご相談願います。*銀行振込・現金でお願い致します)
行政書士法に規定される領収書を発行。委任状等をお送りさせていただきます。

ご入金をもちまして契約成立となります。
*報酬は先にお振込みいただき、確認させていただいた時点で着手となります。
(法的文書作成手続きは、全国対応なので特にご来所いただかなくても大丈夫です。基本的にメールや電話のやり取りのみで完了いたします。)
オーダーメイドのご依頼です。ご安心下さい。万が一、修正がございましたら何度でも訂正版を作成致します。

行政書士は書面作成だけではありません。内容によっては手続きの代行も致します
(直接交渉は代理できませんが、すべて、書面でのやり取りだけでも可能なのでご安心ください。)

ご相談内容だけでなく、プライバシーにも十分配慮する必要があります。
そのため、メールを返信してもいいか(他人に知られる心配はないか)、電話をしても良いお時間等、細かく聞いた上でご連絡差し上げます。
当然、お客様情報は100%保護致します。(行政書士法12条により守秘義務が課せられております。)

《お約束》他の事務所と違い、強引な売り込みは一切いたしません。
また、この無料相談フォームを送信したからといって何ら義務は生じませんのでご安心ください。

ご相談は、このフォームからでもお電話でも一切無料となっております。

●以下に*必要事項をご記入のうえ
[無料相談フォームを送信する]ボタンを押してください。

                                
ご希望の対応は?*
ご相談内容*
(事件概要)
具体的にご記入願います。
いつ頃からですか?
証拠は何がありますか?
相手の対応は?
住所・氏名の確認は?

今後について*
どのような解決を望みますか?最優先は何ですか?
お名前*
ご本人さま
(全角漢字)
」「」は「高」「崎」に置き換えてご入力下さい。
ご住所*

(例)武蔵野市吉祥寺本町1−26−4
ご回答のご連絡方法* 電話を希望 メールのみ その他
メールアドレス*
E-mail
(必ず受信可能なアドレスをご入力ください。PCメール受信設定 @o-la.jp をご確認願います)
携帯メールアドレス
(ご本人様のみ読むことのできるメールアドレスをご記入ください。)
お電話番号*
携帯電話番号

(行政書士大原からお電話させていただく場合がございます)
仮に、具体的な法務サポートさせていただくとするなら、ご希望の時期は?* 今すぐにでも 一か月くらい先 三か月以上先
ご利用注意事項
一部文字化けして見えてしまうこともございますが、そのまま送信していただいて大丈夫です。
ご相談に関しては下記をご確認ください。





今スグ、上記の送信ボタンをクリックしてください。
24時間以内に必ずお返事いたしますので、少々お待ちくださいませ。
原則として確認メールを先にお送りさせていただきます。
※上記フォームがご使用いただけない方は、スマホ専用フォームまで上記必要事項をメールでご連絡くださいませ。

法律の世界ではこう言われています・・・
【権利行使を怠った者は、法による助力を与えるに値しない】

完全に心が晴れることはないと思いますが、それでも前に進むため、ひとつの区切りになればと思います。
法的文書作成で一日も早く笑顔が戻るお手伝いができれば幸いです。

個人情報保護方針
よくある質問(注意事項など)はコチラ



行政書士 大原法務事務所

行政書士 大原秀人

行政書士 大原秀人
Hideto Ohara
行政書士登録番号
第12081700号



何事にもステップがあるように、いきなり訴訟ではなく、法律相談の窓口として気軽にご利用頂ければ幸いです。
普通の一般世間の常識などを熟知した行政書士がサポートします。

日本行政書士会連合会
東京都行政書士会登録

〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町1丁目26番4号2F
※ JR吉祥寺駅 北口から徒歩約3分

TEL 0422-30-5141
FAX 0422-31-1005

当職は、営業マン出身の法律家です。
専門知識で煙に巻くようなことは絶対にしません。

あなたの悩みは、相談頂いてからは
「あなたと私」の問題です。



初回の相談は無料です。


90日サポートプランお申込書PDF



よくある質問(注意事項など)

当事務所について

■ 特定商取引法に基く表示
■ サービス報酬一覧
■ 事務所概要
■ 事務所方針
■ 所長行政書士大原秀人
■ ご依頼(弁護士との違い)
■ 注意事項
■ セキュリティ対策
■ プライバシーポリシー
■ FAQ
■ お問い合わせ
■ お客様の声

取り扱い業務

■ 内容証明郵便
■ 告訴告発状(被害届)
■ プライバシー権侵害
■ 精神的苦痛の慰謝料請求権
■ 医療苦情
■ ドクターハラスメント
■ 婚約破棄
■ 痴漢・強制わいせつ被害
■ 子供認知
■ 養子縁組離縁
■ 自転車事故
■ 退職勧奨
■ 退職届け
■ 雇止め解雇撤回
■ 日照権侵害
■ マンション騒音
■ 住宅悪臭問題
■ いじめ被害
■ エステサロン
■ ペット問題
■ ストーカー被害

行政書士求人情報


行政書士人材募集中

マスコミ取材

夕刊フジの取材を受けました!

顧問弁護士事務所

■鎌倉法律事務所
弁護士 山田英男
(横浜弁護士会所属)



提携行政書士事務所

■小野合同法務事務所

第05080753号
〒108-0073
東京都港区三田3-2-1 
弓和三田ビジデンス510号


法律用語等お役立ち情報

■ 告訴(告訴の意義)
■ 告訴権者は誰ですか(告訴する権利人)
■ 告訴の方式はどうなの(受理)
■ 親告罪(被害者の自己申告)告訴
■ 告訴不可分(セット)の原則とは
■ 告訴の効果はどうなるの
■ 刑法一部改正
■ 内縁破棄の慰謝料裁判例
■ 婚約破棄・貞操侵害の慰謝料裁判例
■ 離婚の慰謝料裁判例
■ 不倫浮気の慰謝料裁判例
■ 名誉毀損は法人を含む
■ 名誉を侵害された時に出来る事
■ 慰謝料を請求する時の証拠